SNSでの出会いで気を付けるべきこと!

嘘をついている可能性

相手の考えがわかりにくい

SNSを通じてのやり取りは、相手の顔も見えないですし、対面で会話をするのとは異なり、感情も文章のみからでは読み取りにくい部分があります。
そのため、SNS上で相手が与えてくれる情報は、常に真実とは限らず、嘘が混ざっている可能性もあるので注意が必要です。

例えば、SNSの中で、相手とやり取りをしているうちに、相手に気に入られたいがゆえに嘘をつく人も中にはいるかもしれません。
トラブルの事例として多いのは、勤め先をごまかしていたり、本当は結婚しているのに独身と偽るなどです。
対面での会話であれば、相手のちょっとした仕草や表情などから、嘘を読み取れたりする可能性もありますが、SNS上ではそれも難しいため、気を付ける必要があるのです。

数多くやり取りをしよう

SNS上には、大小問わず、さまざまな嘘が入り混じっているものです。
もちろん、利用者の中には全く嘘をつかないユーザーもいますが、自分を良くみせたいという気持ちから些細な嘘をついてしまう人というのは、意外と多いものです。

結局のところ、SNS上だけではなく、実際に会って少しづつ交流を深め、相手の本質を知ることでしか、完全に信用するというのは難しいことでしょう。
しかしながら、SNSで出会うことによる危険性を少しでも減らすための対策を、実際に会う前からしておく心構えは大切です。

対策としましては、数回だけのやり取りですぐに会うのではなく、出来るだけSNS上で何回もやり取りをしてから会う方がいいでしょう。
嘘をつき続けていると、ボロが出る可能性も高まりますので、数多くやり取りをしているうちに気づけることもあるからです。